葬儀の受付の代行

葬儀の受付の代行のこと

葬儀の受付を代行します

冠婚葬祭の受付、これは大変です。結婚式はあらかじめ参加者が決まっていますので、参加者リストに照らし合わせてチェックすればそれほど難しくありません。それに引きかえ、葬儀は参列するする方が、故人の学生時代の友人であったり、幼少期に会っただけの親戚だったり、故人が直近に友人となった人など、とにかく、参列する方が事前にわからないので、より慎重な対応が求められます。とくに、高齢者の参列者の方は香典を忘れたり、中にお金を入れ忘れたり、金額が違っていたりすることもあります。そんな葬儀時の困難な受付が、専門家の代行業者に任せられます。ご相談ください。

葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の受付は、参列者を最初にむかえる場所であり、挨拶をする場所であり、お金のやりとりをする場所でもあります。また、遺族と参列者をつなぐ拠点でもあり、非常に重要な場所です。一般的には、直系以外の親族が受け持つことになります。具体的には、亡くなった方の親、子、孫以外の親族のことです。いとこや兄弟、おじ、おば、などの関係でお願いされることがあるでしょう。受付は当日の流れや会場の様子などを把握しておく必要があり、香典受け、名刺受け、筆記用具や芳名帳など用意するものがありますが、これらは葬儀社から借りられることがほとんどで、分からないことは教えて貰えます。

↑PAGE TOP