葬儀の受付の主な仕事

葬儀の受付の主な仕事内容

葬儀の受付の主な仕事とはなにか

葬儀を執り行う際には、会場の入り口付近に受付が設けられます。この受付を依頼された場合に必要な仕事に内容について、考えてみましょう。葬儀の日には多くの参列者が訪れますが、会場に入る前に参列者記帳に住所氏名を書いてもらう様に促す事が仕事の1つで、もう1つは香典を受け取る事です。香典を受け取れば、その氏名と金額を所定の用紙に記入し、香典袋からお金を取り出し携帯金庫に入れ、香典袋は糸でつなげて逸さんしないようにまとめると言う香典の管理を行う事です。なを、香典袋からお金を取りださずに、袋ごと携帯金庫や用意された缶に収納する場合もあります。いずれの方法においても、香典がドサクサに紛れて紛失したり盗まれたりしないように管理して、遺族に間違いなく渡す事が重要な任務です。

葬儀における受付の基礎知識など

冠婚葬祭において受付を担当する際、様々な年齢の方が訪れることになるので礼儀作法が重要になります。葬儀など人手が足りない場合に、急に任させることもあるので、普段から基礎知識程度は身に付けておきましょう。主な役割としては、訪れた人への挨拶や香典の受け取り、場内の案内などが挙げられます。特に香典はお金を預かることになるので、特に慎重に取り扱うように心掛けましょう。また、忙しい中訪れる人もたくさんいるので、気遣いの言葉をかけることも忘れてはなりません。受付は葬儀の入り口になるので、印象を悪くすることなく、真摯な態度で行うようにしましょう。

↑PAGE TOP