葬儀のことがわかる

葬儀といえばここです

葬儀を執り行う意味について

葬儀とは、大切な家族や知人などがさまざまな事情で亡くなった場合に、その人を知っている者同士がその人を偲びながらあの世へと送り出すための儀式なのです。それによって、亡くなった人の魂が安らぎを得るのだと考えられているのと同時に、後に残され、悲しみに沈んでいる人たちの心にも区切りをつける救済となっています。通夜、葬儀を通じて、亡くなった人の生前を知る者たちが集まることによって、家族を亡くした人の心を慰めるのです。

↑PAGE TOP