葬儀で頼まれたら

葬儀で受付を頼まれたら

葬儀の受付や会計に気を付けよう

葬儀の際に、受付や会計をお願いされることがあります。このような仕事は故人や遺族とある程度親しい人がなることが多く、金銭を扱うことから慎重に行動することが求められます。用意するものなどは葬祭会場が用意してくれることが多く、受付での仕事内容としては、弔問に来てくれた人へのあいさつ、香典の受け取りになります。香典は受け取った後、葬儀会社が事前に用意した袋に入れ、保管をしてもらっておくと安心です。様々な式が終わり遺族が落ち着いたころ、その袋のままお渡し仕事は完了となります。なお、会計も任されている場合も何に使ったのか明確にするためにも会場の係りの人と事前に相談をし、遺族にきちんと報告を行うようにします。

葬儀の受付のすること

葬儀の受付のしごとは、まずは葬儀が始まる1時間前には会場につきます。責任者からの指示を受けます。具体的には各役割の確認、式の流れの確認、全体MAP(駐車場やトイレの位置など)や来場者の確認をします。会葬礼状と会葬御礼品のセット&袋詰め。筆記用具や香典受けなどの配置をします。 詰めした品は渡しやすい所に置く。 会葬者に対してはお礼を述べて次に記帳をお願いし、香典を頂いたら丁寧にお礼を述べ、最後に会葬礼品をお渡しすればOKです。 記帳の際は氏名だけではなく、住所や会社名も記入をお願いする。 遺族への面会を求められたら案内します。 式が終了したら後片付け。香典袋の名前を確認し、記入漏れが無いかのチェックをし、責任者からの指示があった場合は、開封して香典帳へ記入します。

↑PAGE TOP